千代の国 2018年夏(五月)場所取組内容

201805-ちよのくに

前頭10枚目だった先場所は、7勝8敗だった。→先場所の取組内容

前頭11枚目で迎えた今場所、初日は荒鷲を引き落として白星発進。
二日目、荒鷲に寄り切られて初黒星。
三日目、北勝富士を送り出してから白星が連なって7連勝九日目に勝ち越しを決め、全勝の栃ノ心を追う、1敗力士3人(他は鶴竜と白鵬の2横綱)の中に入る。
十日目の錦木戦、土俵際突き落として軍配をもらうが、先に土俵を割ったとして「差し違え」で敗れて2敗目。
十一日目、妙義龍に寄り切られて連敗。
十二日目、旭大星を寄り切って9勝目。
そこから千秋楽まで4連勝。幕内で初めて二桁勝利。12勝3敗を上げ、初の三賞、敢闘賞を受賞。
勝ち越しは4場所ぶり。



(初) 荒鷲戦 ○引き落し 1.4秒
 荒鷲、先に右手をつき、左手をぶらぶら動かす。千代の国、仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から踏み込む。荒鷲、右肘でかち上げ、左廻しを探る。千代の国、押し上げてから引く。荒鷲、前に落ちて土俵に転がる。
20180513 01 306 千代の国 引き落とし 荒鷲 40

(2) 朝乃山戦 ●寄り切り 4.3秒
 朝乃山、先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をついて時をおき、右手をサッとついて素早く立つ。朝乃山、右肘でかち上げる。千代の国、突き放し、出てくる相手の手を叩きながら右に回る。朝乃山、前に出て右を差し、左廻しを取る。千代の国、土俵際左上手を取る。朝乃山、相手の上手を切って寄る。千代の国、上体が起きて俵を割る。
20180514 02 306 朝乃山 寄り切り 千代の国 43

(3) 北勝富士戦 ○送り出し 5.9秒
 北勝富士、先に右手をつく。千代の国、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、頭から踏み込む。北勝富士、右で押っ付ける。千代の国、叩きながら右に回り、突き放し、右から突いて右に回り、右上手を取って出し投げ。北勝富士、前に泳ぐ。千代の国、相手の尻を押す。北勝富士、土俵下に落ちる。
20180515 03 308 千代の国 送り出し 北勝富士 35

(4) 貴景勝戦 ○叩き込み 3.1秒
 貴景勝、先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で両手をサッとつき、頭から踏み込む。貴景勝、両手を出して頭から当たり、突き放す。千代の国、突き返し、出てくる相手を叩く。貴景勝、両足を開いて土俵に落ちる。
20180516 04 307 千代の国 叩き込み 貴景勝 45

(5) 大奄美戦 ○寄り切り 20.2秒
 千代の国、仕切り線後方で先に両手をつく。大奄美、両手をつく。千代の国、素早く立ち、右肘を固めて頭から踏み込む。大奄美、右肘を固めて当たる。千代の国、顎に向かって突き上げ、右から突いて右に開く。大奄美、向き直ろうとする。千代の国、左のど輪で押し上げ、右で後ろ廻しを取って右に回る。大奄美、左下手を取る。千代の国、左下手も取り、両廻しを引きつけて前に出る。大奄美、右を巻き替えて両差しになるが俵に詰まり、右差し手を返す。千代の国、右上手を持ち、左で首を巻く体勢になる。大奄美、深い両下手を取って前に出る。千代の国、右上手を持って俵伝いに右に回り、右上手投げを打ちながら体を入れ替え、左上手前廻しも取り、両上手を引きつけて寄る。大奄美、上体が起き、土俵下に落ちる。
20180517 05 306 千代の国 寄り切り 大奄美 40

(6) 隠岐の海戦 ○引き落し 4.0秒
 隠岐の海、先に右手をつき、左手をブラブラ動かす。千代の国、左手をつき、右手をブラブラ動かし、右手をサッとついて立つ。隠岐の海、右肘を固める。千代の国、右手を出して頭から踏み込んで当たり、左で小手に巻いて左に回る。隠岐の海、向き直って右腕を抜く。千代の国、右のど輪で押し上げ、押しながら前に出る。隠岐の海、俵に詰まる。千代の国、叩きながら引く。隠岐の海、土俵に両手をつく。
20180518 06 306 千代の国 引き落とし 隠岐の海 40

(7) 碧山戦 ○送り出し 6.0秒
 碧山、先に手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をついて時をおき、右手をサッとついて見ながら素早く立つ。碧山、右を差す。千代の国、叩きながら左へ回り、土俵際で突き放す。碧山、押し出そうとする。千代の国、右を差して後ろ廻しを取り、右に回って後ろから押す。碧山、俵の外に出、膝が痛いのか土俵に腰を下ろす。
20180519 07 305 千代の国 送り出し 碧山 40

(中) 石浦戦 ○叩き込み 2.0秒
 石浦、先に両手をつく。千代の国、左手をつく。石浦、突っ掛ける。2度目、千代の国、先に手をつく。石浦、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、両手突きに行く。千代の国、その場で立って両手突き。石浦、顎に向かって突き放そうとする。千代の国、叩きながら右に回る。石浦、土俵に両手をつく。
20180520 08 307 千代の国 叩き込み 石浦 40

(9) 豪風戦 ○突き出し 3.9秒
 千代の国、先に左手をつく。豪風、左手をつき、右手をサッと動かして素早く立つ。千代の国、左から張り、右肘でかち上げ、突き放す。豪風、上体が起きて体が離れる。千代の国、突き放す。豪風、右に回ろうとするが、重心が後ろになって俵の外に飛び出る。
20180521 09 305 千代の国 突き出し 豪風 40
〔勝ち越しインタビューを受ける千代の国〕
20180521 09 305 千代の国 突き出し 豪風 75 勝ち越し 30 優勝争いの話を振られ

(10) 錦木戦 ●押し出し 12.4秒
 錦木、先に両手をつく。千代の国、左手をつく。錦木、突っ掛ける。2度目、千代の国、先に手をつく。錦木、左手をつく。千代の国、素早く立ち、右手を出し、左肘を固めて頭から踏み込む。錦木、右肘を固めて当たる。千代の国、突き放し、叩きながら右に開く。錦木、前に泳ぐが向き直る。千代の国、突き放しながら前に出、叩いて右に開く。錦木、向き直る。両者、突き放し合う。錦木、押し勝って前に出る。千代の国、土俵際、右で突く。錦木、前に倒れ、千代の国、俵の外に出て土俵下に落ちる。軍配、千代の国。「物言い」がつき、藤島審判長は「千代の国のかかとが先に出ている」と説明、「軍配差し違え」で錦木の勝ちとなる。
20180522 10 304 錦木 押し出し 千代の国 40-2

(11) 妙義龍戦 ●寄り切り 7.1秒
 妙義龍、先に右手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をサッとついて突っ掛ける。2度目、妙義龍、先に右手をつく。千代の国、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固め、右から張って踏み込む。妙義龍、右肘を前に出し、頭から当たる。千代の国、右を差す。妙義龍、左で押っ付け、右を差す。千代の国、左上手に手を伸ばすが取れず、右下手を取る。妙義龍、右下手を取り、左を巻き替えて両差しになる。千代の国、右は深い上手になり、左を巻き替えて差す。妙義龍、両廻しを引きつけて前に出る。千代の国、土俵際、左から掬う。妙義龍、廻しを離さず、腰を下ろして寄り切る。
20180523 11 304 妙義龍 寄り切り 千代の国 40

(12) 旭大星戦 ○寄り切り 3.6秒
 旭大星、先に手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をつき、右手をブラブラ動かす。旭大星、突っ掛ける。2度目、旭大星、先に両手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。旭大星、両手で相手の肩を押さえ、押し上げてから引いて左に回る。千代の国、向き直り、右を差し、左上手を取って前に出る。旭大星、土俵下に落ちる。
20180524 12 303 千代の国 寄り切り 旭大星 38

(13) 佐田の海戦 ○寄り切り 4.1秒
 佐田の海、先に右手をつく。千代の国、仕切り線後方で左手をつき、右手をサッと動かして立つ。佐田の海、頭から当たる。千代の国、右筈で相手の左上腕を押し上げ、深い右下手を取って前に出る。佐田の海、相手の下手を切り、土俵際、右から掬う。千代の国、左上手を取って堪え、体を預けて前に出る。佐田の海、左から突こうとするが、俵の外に出、土俵下に飛び落ちる。
20180525 13 302 千代の国 寄り切り 佐田の海 40

(14) 栃煌山戦 ○引き落し 2.2秒
 千代の国、先に左手をつく。栃煌山、両足をじりっとすり、両手をサッとついて立つ。両者、ほぼ同時に立つ。千代の国、右手を出して頭から踏み込む。栃煌山、右肘を固めて当たる。千代の国、右のど輪で押し上げ、右に開く。栃煌山、前にバッタリ落ちる。
20180526 14 303 千代の国 引き落とし 栃煌山 38

(楽) 輝戦 ○突き落し 4.9秒
 輝、先に両手をつく。千代の国、左手をつき、右手をサッと動かして素早く立ち、頭から低く踏み込む。輝、右手を出し、両者、頭で当たり合う。輝、突き上げる。千代の国、右で押っ付けながら右に回り、顎に向かって突き上げる。輝、突っ張り返す。千代の国、叩きながら右に開き、右から突く。輝、前に泳ぐ。千代の国、後ろから尻を押す。輝、俵の外に倒れる。
20180527 15 308 千代の国 突き落とし 輝 40

《2018年夏場所取組内容・目次へ》