FC2ブログ

2018年9月(秋)場所 幕内取組 各種データ順位

2018年7月(名古屋)場所 幕内全取り組みを対象に、各種データを順位化しました。
扱ったデータは「勝ち星数」、「同一決まり手勝利数」、「待った回数」、全取り組み時間のうちの「最長取組時間」、「最短取組時間」、及び「長取組平均時間」、「短取組平均時間」です。

■幕内優勝
 西横綱 白鵬(41回目) (15勝0敗)
20180923 15 332 白鵬賜杯拝戴 20 八角理事長

■三賞
 殊勲賞:該当者なし
 敢闘賞:該当者なし
 技能賞:該当者なし
20180923 15 300 三賞該当者なし
※三賞すべてに該当者がいないのは、1947年9月場所で制度が創設されて以来、初めて。

■勝ち星数
 15勝 白鵬(全勝優勝)
 12勝 豪栄道
 11勝 高安、嘉風
 10勝 鶴竜、稀勢の里、錦木、竜電、貴ノ岩

■最多同一決まり手勝利数(カッコ内は全勝利数に占めるその決まり手の割合)
 7回 稀勢の里 寄り切り(70.0%)
20180922 14 320 稀勢の里 寄り切り 鶴竜 40
 〔十四日目〕 ○稀勢の里 寄り切り 鶴竜●

■待った回数
 7回 豪栄道
 5回 稀勢の里
 4回 白鵬、玉鷲、千代大龍、遠藤、阿炎、嘉風
20180915 07 317 豪栄道 押し出し 千代大龍 01 2度目の立合い不成立
〔七日目〕 豪栄道-千代大龍戦 2度目の不成立

■最多物言い回数
 2回 御嶽海(三:取り直し○、十四:軍配通り○)、玉鷲(三:取り直し●、四:取り直し●)、正代(三:軍配通り○、六:差し違え●)、遠藤(三:軍配通り●、十三:差し違え○)、北勝富士(十二:取り直し●、十三:差し違え●)
20180911 03 315 01 御嶽海-玉鷲 60 説明を聞く御嶽海
〔三日目〕御嶽海-玉鷲戦 説明を聞く御嶽海

※以下の取り組み時間の順位はこのブログ独自に計測した取り組み時間を元にしています。

■最長取組時間
 79.5秒 白鵬-御嶽海戦
20180917 09 319 白鵬 寄り切り 御嶽海 40
〔九日目〕 ○白鵬 寄り切り 御嶽海●

■最短取組時間
 0.8秒 朝乃山-大翔丸戦
20180919 11 310 大翔丸 突き落とし 朝乃山 40
〔十一日目〕 ○大翔丸 突き落とし 朝乃山●

■長平均取組時間
1位 20.4秒 稀勢の里
2位 14.8秒 御嶽海
3位 14.8秒 錦木
20180912 04 319 稀勢の里 寄り切り 魁聖 40
〔四日目〕 ○稀勢の里 寄り切り 魁聖● (59.1秒)

■短平均取組時間
1位 3.6秒 旭大星(※休場のため、5番しか取組がない)
2位 4.4秒 琴勇輝
3位 4.7秒 玉鷲
4位 4.9秒 豪栄道
20180918 10 305 琴勇輝 突き出し 旭大星 43
〔十日目〕 ○琴勇輝 突き出し 旭大星● (1.7秒)

《2018年秋場所取組内容・目次へ》