FC2ブログ

高安 2018年秋(九月)場所取組内容

201809-たかやす

角番だった先場所は、9勝6敗の成績だった。→先場所の取組内容

場所後、7/29から始まった夏巡業は、右膝蓋腱炎のため休場。
8/8の青山学院大学巡業から合流。いきなり幕内力士と稽古した。(→日刊スポーツ記事「青山学院大巡業」 記事が表示されない場合は →こちら
8/21から最終日の26まで、腰痛のため再び休場した。
8/27の番付発表後は、部屋で横綱稀勢の里と稽古。
8/31の稽古総見は、腰痛のため欠席。
9/2は時津風部屋へ出稽古に行き、豊山、朝乃山らと稽古した。(→スポーツ報知記事「時津風部屋稽古」 記事が表示されない場合は →こちら
9/3二所ノ関一門連合稽古に参加したものの、腰痛のため相撲は取らず、途中で帰った。(→日刊スポーツ記事「二所一門連合稽古」 記事が表示されない場合は →こちら
9/5、6は、時津風部屋へ出稽古に行き、大関豪栄道らと稽古した。(→時事通信記事「9/5時津風部屋稽古」 記事が表示されない場合は →こちら)(→スポニチ記事「9/6時津風部屋稽古」 記事が表示されない場合は →こちら

腰に不安を抱えながら迎えた今場所、初日は豊山を寄り切って白星発進。
土俵際まで追い込まれる相撲もありながら、白星を連ねて7連勝。高安も「場所前の考えからすると想定外。気分良くいきたい」と話す。(→時事通信記事「高安7連勝」 記事が表示されない場合は →こちら
八日目、正代に引き落とされて初黒星。中日勝ち越しならず。
九日目、千代の国を押し出して勝ち越し決定。
十日目、大関豪栄道と1敗同士で対戦。腕捻りで倒し、10連勝の鶴竜、白鵬の2横綱を追う、ただ一人の1敗力士となる。
十一日目、先に土俵に上がった横綱鶴竜が初黒星を喫し、自身は結びの一番でただ一人の勝ちっ放し横綱白鵬と対戦。勝てば1敗でトップに並ぶ大一番だったが、立合い2度合わず、立ち遅れた3度目、押し倒されて2敗に後退
十二日目、横綱鶴竜を上手投げで倒し、勝ち星を二桁に乗せる。
十三日目、阿炎を突き出して11勝目。
十四日目、今場所大関昇進を懸けていた関脇御嶽海と対戦。物言いがつく相撲になるが、突き落としで敗れて3敗目。
千秋楽、前日角番を脱出した大関栃ノ心と対戦。送り出され、11勝4敗で今場所を終える。
勝ち越しは2場所連続。二桁勝利は、3月場所以来、3場所ぶり。



(初) 豊山戦 ○寄り切り 14.8秒
 豊山、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、胸で当たり合う。高安、当たり勝って前に出、顎に向かって突き放す。豊山、堪えて相手の顎を押し上げながら前に出、左をのぞかせる。高安、右で押っ付ける。豊山、左下手を取る。高安、右上手に手をかけるが取れず、左下手を取り、右で押っ付けながら前に出る。豊山、俵の外に出る。
20180909 01 317 高安 寄り切り 豊山 37

(2) 逸ノ城戦 ○押し出し 10.4秒
 逸ノ城、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、両手をサッとついて素早く立ち、両肘を固めて踏み込む。逸ノ城、右肘を固めて当たり、左上手に手を掛けるが取れず、左押っ付けで突きながら左へ回る。高安、向き直って押す。逸ノ城、頭を押さえつけながら右に回り、突き放す。高安、少し下がって体を離す。逸ノ城、押す。高安、右で相手の左上腕を押し上げ、右を差す。逸ノ城、左で差し手を抱え、右を差すが土俵際。高安、左で押っ付ける。逸ノ城、俵の上で上体が起き、叩く。高安、前のめりになりながらも押す。逸ノ城、俵を割り、両者、土俵下、阿武松審判長のところに落ちる。
20180910 02 318 高安 押し出し 逸ノ城 40

(3) 千代大龍戦 ○叩き込み 3.2秒
 千代大龍、先に右手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両肘を固めて踏み込む。千代大龍、左肘を固めて当たり、右で突き放す。高安、左を差そうとする。千代大龍、右で押っ付けながら前に出る。高安、土俵際、左差し手を抜き、左から突いて体を離す。千代大龍、足が流れて土俵に落ちる。
20180911 03 316 高安 叩き込み 千代大龍 40

(4) 貴景勝戦 ○引き落し 2.6秒
 貴景勝、先に両手をつく。高安、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。貴景勝、右肘を固めて頭を下げる。高安、両肘を固めて体当たり。貴景勝、押し上げ、前に出ようとする。高安、左に開く。貴景勝、土俵にバッタリ落ちる。
20180912 04 317 高安 引き落とし 貴景勝 40

(5) 勢戦 ○送り出し 17.4秒
 勢、右手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつく。勢、左手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、両腕を内に入れて踏み込む。勢、両肘を固めて当たる。高安、左を差して下手を取る。勢、左を差し、右で押っ付けながら上手を探る。高安、左下手を深くし、腰を遠ざけて上手を与えず。両者、止まる(約4秒間)。勢、右で差し手を抱えながら前に出、右小手で振る。高安、土俵際、左下手を離して掬い投げを返す。勢、相手に背中を向けて俵の外に出る。
〔小手に振る勢、掬い投げを返す高安〕
20180913 05 318 高安 送り出し 勢 30
〔高安の送り出し〕
20180913 05 318 高安 送り出し 勢 40

(6) 魁聖戦 ○寄り切り 6.7秒
 魁聖、先に左手をつく。高安、両手をサッとついて素早く立ち、両肘を固めて踏み込む。魁聖、右肘を固める。高安、体当たりし、左を差して下手を取り、前に出る。魁聖、右上手に手を伸ばすが取れず、土俵際、右小手投げに行く。高安、左差し手を返しながら堪え、前に出て寄り切る。
〔小手投げに行く魁聖〕
20180914 06 315 高安 寄り切り 魁聖 35 小手投げに行く魁聖
〔高安の寄り切り〕
20180914 06 315 高安 寄り切り 魁聖 40

(7) 玉鷲戦 ○叩き込み 5.1秒
 玉鷲、先に左手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。玉鷲、頭から踏み込む。高安、両肘を固めて体当たりし、右かち上げで相手を起こし、両差しになり、右下手を探る。玉鷲、少し引いて体を離す。高安、前に出て両差しを狙う。玉鷲、頭をつけて右で押っ付け、左筈で押し上げて相手を半身にする。高安、叩いて左に開く。玉鷲、土俵に両手をつく。
20180915 07 316 高安 叩き込み 玉鷲 40

(中) 正代戦 ●引き落し 10.7秒
 正代、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、両手をサッとついて素早く立ち、両肘を固めて踏み込む。正代、肘を固め、両者、胸で当たり合う。高安、当たり勝ち、左喉輪で前に出る。正代、俵に両足を掛けて堪える。高安、少し引き、左を差そうとし、右上手に手を掛ける。正代、腰を捻って相手の上手を切り、左を差して差し手をし、右で絞って相手に差させず。高安、左半身の体勢。正代、右で押っ付けながら右へ回り、右を巻き替えようとする。高安、乗じて前に出る。正代、そこを素早く俵伝いに右へ回り、体を離す。高安、前に飛んで土俵に転がる。
20180916 08 318 正代 引き落とし 高安 40

(9) 千代の国戦 ○押し出し 8.2秒
 千代の国、先に左手をつく。高安、両手をサッとつく。千代の国、素早く立つ。高安、右から張り、左を差す。千代の国、右で押っ付けながら右へ開く。高安、押し上げ、叩きながら引き、左から張って左上手を取り、前に出る。千代の国、左に回って相手の上手を切り、土俵際、右から突き落とそうとする。高安、前のめりになるが堪える。千代の国、左足が俵の外に出、右足一本でぴょんぴょんと飛ぶ。
20180917 09 317 高安 押し出し 千代の国 41

(10) 豪栄道戦 ○腕捻り 8.8秒
 高安、先に右手をつく。豪栄道、右手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豪栄道、頭から低く踏み込む。高安、両肘を固めてかち上げ気味に当たる。豪栄道、左上手に手を掛ける。高安、左を差し、右で相手の腕を抱える。豪栄道、左は差す形になり、頭をつけて右で押っ付け、右上手を探るが取れず。高安、左下手を取って前に出る。豪栄道、右押っ付けで突く。高安、向き直り、右上手を探る。豪栄道、腰を引いて上手を与えず。高安、一呼吸後、下手を持っていた左腕を抜く。豪栄道、土俵に落ちる。
〔腕を抜く高安〕
20180918 10 318 高安 腕捻り 豪栄道 37 腕を抜く高安
〔土俵に落ちる豪栄道〕
20180918 10 318 高安 腕捻り 豪栄道 42

(11) 白鵬戦 ●押し倒し 1.4秒
 高安、右手をつく。白鵬、右手をつく。高安、左手をトンとついてその場で立ち、不成立。2度目、高安、右手をつく。白鵬、右手をつく。両者、左手をつこうとするが合わず、白鵬、腰を上げて立合いを嫌う。3度目、高安、先に右手をつく。白鵬、体を揺するがなかなか手をつかず、動きを止め、両手をサッとついて素早く立つ。高安、遅れてその場で立つ。白鵬、踏み込んで右から張り、左肘を固めて当たる。高安、後ろに飛び、右膝から土俵に落ちる。
20180919 11 321 白鵬 押し倒し 高安 35
20180919 11 321 白鵬 押し倒し 高安 42

(12) 鶴竜戦 ○上手投げ 5.1秒
 高安、先に右手をつく。鶴竜、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。鶴竜、右肘を固めて頭から踏み込む。高安、両肘を固めて胸で当たる。鶴竜、両前廻しを狙うが取れず。高安、左をねじ込む。鶴竜、左を差し、前に出ながら右上手に手を伸ばすが取れず、右を素早く巻き替えて差す。高安、すぐに上手になった左廻しで振り回し、そのまま上手投げ。鶴竜、土俵に落ちる。
20180920 12 320 高安 上手投げ 鶴竜 37-2

(13) 阿炎戦 ○突き出し 9.0秒
 阿炎、先に右手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固める。阿炎、長い腕で両手突き、突っ張りながら前に出る。高安、下からあてがい、やや土俵際で 左を差して掬いながら左へ回る。阿炎、土俵際、向き直って突っ張る。高安、見ながら押して前に出る。阿炎、俵に詰まって胸を出す。高安、胸を突く。阿炎、俵の外に出る。高安、阿炎が土俵下に落ちないよう、廻しを掴む。
20180921 13 319 高安 突き出し 阿炎 35

(14) 御嶽海戦 ●突き落し 17.5秒
 御嶽海、先に両手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、頭から踏み込む。高安、両腕を内に入れ、胸で当たり、左をねじ込む。御嶽海、右で極め気味に抱える。高安、一旦左差し手を抜いて差し直そうとする。御嶽海、右で絞りながら右へ回り、左筈で押し上げながら前に出る。高安、右足が俵に掛かる。御嶽海、右上手に手を掛ける。高安、中に戻って上手を与えず。御嶽海、頭をつける。高安、左下手を引きつけて前に出る。御嶽海、俵に両足を掛け、右で押っ付けながら堪え、体を開いて右から突く。高安、前のめりになって土俵に落ち、御嶽海、俵の外へ踏み出す。両者、土俵下に落ちる。木村玉治郎、軍配を御嶽海に上げる。「物言い」がつき、阿武松審判長は「同体か協議したが、御嶽海の攻めがまさっている」と説明。「軍配通り」、御嶽海の勝ちとなる。
20180922 14 319 御嶽海 突き落とし 高安 40
〔説明する阿武松審判長〕
20180922 14 319 御嶽海 突き落とし 高安 60 説明する阿武松審判長

(楽) 栃ノ心戦 ●送り出し 6.0秒
 高安、先に右手をつく。栃ノ心、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。高安、左肘を固める。栃ノ心、右肘を固めて踏み込んで当たる。高安、左をねじ込む。栃ノ心、右押っ付けで押し上げ、突く。高安、相手に背中を向けて俵に詰まる。栃ノ心、そこを押す。高安、土俵下に落ちる。
20180923 15 319 栃ノ心 送り出し 高安 37

《2018年秋場所取組内容・目次へ》