FC2ブログ

正代 2018年秋(九月)場所取組内容

201809-しょうだい

前頭筆頭だった先場所は、6勝9敗の成績だった。→先場所の取組内容

稽古総見では、横綱白鵬らと稽古。→稽古総見
また、時津風部屋に出稽古に来た横綱鶴竜、大関豪栄道、大関高安らと稽古した。

前頭3枚目で迎えた今場所、初日は、今場所大関昇進を懸ける関脇御嶽海と対戦。押し出されて黒星発進。
二日目、千代の国に引き落とされて連敗。
三日目、遠藤と対戦。土俵際 体が離れ、物言いのつく際どい勝負になるが、押し出しで勝って初日を出す。
四日目、阿炎を寄り切って連勝。2勝2敗と星を五分にする。
五日目、今場所進退を懸ける横綱稀勢の里と対戦。上手投げで倒されて3敗目。
六日目、横綱白鵬と対戦。土俵際、逆転の下手投げを打ち、軍配をもらうが、足が先に出たとして「差し違え」で連敗。
七日目、横綱鶴竜に押し出され、3横綱に3連敗。2勝5敗と黒星先行。
八日目、初日から勝ちっぱなしの大関高安を引き落として3勝目。
九日目妙義龍、十日目千代大龍と3連勝。5勝5敗と星を五分に。
十一日目、大関豪栄道に寄り切られて6敗目。
十二日目、小結貴景勝に突き出され、7敗目と後がなくなる。
十三日目、角番で勝ち越しの懸かる大関栃ノ心と対戦。掬い投げで倒して踏み止まる。
十四日目、同じく7敗と後がない関脇逸ノ城と対戦。叩き込まれて負け越しが決まる。
千秋楽、魁聖に寄り切られ、6勝9敗で今場所を終える。

負け越しは2場所連続。
物言いがついた回数は2回で、今場所の幕内最多(5人)。→幕内取組各種データ順位



(初) 御嶽海戦 ●押し出し 9.3秒
 御嶽海、先に手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手を出して頭から踏み込む。正代、胸で当たりを受け、前に出ながら差そうとする。御嶽海、押っ付けて差させず、左で顎を押し上げる。正代、仰け反り、右から突いて喉輪を外す。御嶽海、そこを両手で押し上げながら前に出る。正代、上体が起きて俵に詰まるが、右から突きながら右へ回る。御嶽海、土俵際腰を下ろして堪え、向き直って押し上げる。正代、俵を割り、土俵下に落ちる。
20180909 01 315 御嶽海 押し出し 正代 40

(2) 千代の国戦 ●引き落し 5.1秒
 千代の国、先に手をつく。正代、両手をサッとつく。その直前、千代の国、素早く立ち、頭から踏み込む。正代、右肘を固めて当たる。しかしここで、行司 木村晃之助が止める。2度目、千代の国、先に手をつく。正代、両手をサッとつく。その直前、千代の国、素早く立ち、左肘を固めて頭から踏み込む。正代、その場で立ち、右肘を固めて胸で受ける。千代の国、突き放し、右に開く。正代、向き直る。千代の国、突っ張る。正代、前に出る。千代の国、土俵際両差しになり、その両差し手を抜いて右に開く。正代、土俵に落ちる。
20180910 02 313 千代の国 引き落とし 正代 37

(3) 遠藤戦 ○押し出し 2.6秒
 正代、先に両手をつく。遠藤、両手をサッとつき、左手を出し、やや右へ頭から踏み出す。正代、両差しを狙う。遠藤、右で絞り、左筈で押し上げる。正代、向き直って前に出る。遠藤、土俵際叩く。正代、前に飛び、遠藤、俵の外に出、正代、土俵に転がり、遠藤、土俵下に落ちる。木村正太郎、軍配を正代に上げる。「物言い」がつき、錦戸審判長は「同体か協議したが、軍配通り、豊山(正しくは正代)の勝ち」と説明し、正代の勝ちとなる。
20180911 03 314 正代 押し出し 遠藤 40
〔説明する錦戸審判長〕
20180911 03 314 正代 押し出し 遠藤 60 説明する錦戸審判長

(4) 阿炎戦 ○寄り切り 8.2秒
 阿炎、先に手をつき、相手が手をつく前に立って、両手突き。正代、立てず、不成立。2度目、阿炎、先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。阿炎、両手突きで相手を仰け反らせ、顎に向かって押し上げながら前に出る。正代、土俵際、左を差し、掬い投げで振りながら左に回る。阿炎、右上手を取る。正代、両差しで一気に前に出、寄り切る。
20180912 04 313 正代 寄り切り 阿炎 42

(5) 稀勢の里戦 ●上手投げ 17.3秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。稀勢の里、仕切り線後方で両手をサッとついて素早く立ち、左肘を固めて踏み込む。正代、右肘を固めて当たり、左を差す。稀勢の里、左で差し手争い。正代、右肘を固めて差させず。両者、少し止まる(約3秒間)。稀勢の里、左肘で相手を起こそうとしながら前に出る。正代、右脇が開く。稀勢の里、ついに左を差す。正代、右上手を探るが取れず、左下手を取って左へ回る。稀勢の里、乗じて右上手を取る。正代、土俵際、体を開いて左下手投げに行く。稀勢の里、右上手を持って堪える。正代、右を差そうとしながら一気に前に出る。稀勢の里、土俵際、体を開いて右上手で投げ捨てる。正代、土俵に転がる。
〔下手投げに行く正代、上手で堪える稀勢の里〕
20180913 05 320 稀勢の里 上手投げ 正代 25 下手投げに行く正代、上手で堪える稀勢の里
〔稀勢の里の上手投げ〕
20180913 05 320 稀勢の里 上手投げ 正代 38
20180913 05 320 稀勢の里 上手投げ 正代 42

(6) 白鵬戦 ●寄り倒し 5.5秒
 正代、先に両手をつく。白鵬、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。正代、両肘を固めて胸で当たる。白鵬、左上手前廻しを取る。正代、引いて左へ回り、相手の上手を切る。白鵬、右を差す。正代、右下手を取り、左を巻き替える。白鵬、乗じて右上手を引きつけ、左で押っ付けながら前に出る。正代、俵の上で左下手も取り、左へ振る。両者、俵の外に倒れる。行司 木村玉治郎、軍配を正代に上げる。「物言い」がつき、高田川審判長は「同体か協議した結果、正代の踵が先に出ていた」と説明。「軍配差し違え」で白鵬の勝ちとなる。VTRでは、正代の踵はついていないように見えたが、正代の左膝が先に落ちていた。
20180914 06 318 白鵬 寄り倒し 正代 40
20180914 06 318 白鵬 寄り倒し 正代 43
〔説明する高田川審判長〕
20180914 06 318 白鵬 寄り倒し 正代 61 高田川審判長

(7) 鶴竜戦 ●押し出し 9.8秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。鶴竜、すぐに両手をサッとつき、右肘を固めて踏み込む。正代、両肘を固めて当たる。鶴竜、顎に向かって突き上げる。正代、下からあてがって下がらず。鶴竜、左から張り、右前廻しを探る。正代、腰を引いて廻しを与えず。鶴竜、再び突っ張りながら前に出る。正代、俵に詰まり、上体が起きて外に出る。
20180915 07 320 鶴竜 押し出し 正代 40

(中) 高安戦 ○引き落し 10.7秒
 正代、先に両手をつく。高安、腰を下ろし、両手をサッとついて素早く立ち、両肘を固めて踏み込む。正代、肘を固め、両者、胸で当たり合う。高安、当たり勝ち、左喉輪で前に出る。正代、俵に両足を掛けて堪える。高安、少し引き、左を差そうとし、右上手に手を掛ける。正代、腰を捻って相手の上手を切り、左を差して差し手をし、右で絞って相手に差させず。高安、左半身の体勢。正代、右で押っ付けながら右へ回り、右を巻き替えようとする。高安、乗じて前に出る。正代、そこを素早く俵伝いに右へ回り、体を離す。高安、前に飛んで土俵に転がる。
20180916 08 318 正代 引き落とし 高安 40
〔殊勲インタビューを受ける正代〕
20180916 08 318 正代 引き落とし 高安 75 正代殊勲インタビュー

(9) 妙義龍戦 ○小手投げ 5.4秒
 正代、先に両手をつく。妙義龍、右手をつき、左手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から当たる。正代、遅れてその場で当たりを受ける。妙義龍、左を差し、右も差そうとする。正代、左押っ付けで前に出る。妙義龍、両差しになって一気に前に出る。正代、土俵際、右小手投げ。妙義龍、宙で裏返って俵の外に尻餅。
20180917 09 313 正代 小手投げ 妙義龍 40-2

(10) 千代大龍戦 ○押し出し 3.2秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。千代大龍、両手をサッとついて素早く立ち、両手突きで相手を起こし、引いて右へ回る。正代、前のめりになる。千代大龍、土俵際で叩く。ほぼ同時に、千代大龍は俵の外に飛び、正代は右足から土俵に落ちる。木村庄太郎、軍配を正代に上げる。両者、微妙に見えたが、物言いはなし。
20180918 10 314 正代 押し出し 千代大龍 40

(11) 豪栄道戦 ●寄り切り 5.0秒
 正代、仕切り線後方で両手をつく。豪栄道、右手を仕切り線すぐ上に浮かせ、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏む込む。正代、胸で当たる。豪栄道、右を差そうとする。正代、右を差し、左も差し勝つ。豪栄道、左押っ付けから左を差し、右押っ付けで前に出る。正代、土俵際を左へ回る。豪栄道、乗じて、左差しで前に出る。正代、上体が起きて俵を割る。
20180919 11 318 豪栄道 寄り切り 正代 40

(12) 貴景勝戦 ●突き出し 2.8秒
 正代、仕切り線後方で先に両手をつく。貴景勝、手をサッとついて素早く立ち、両手を出して頭から踏み込む。正代、胸で当たりを受け、仰け反る。貴景勝、突きながらどんどん前に出る。正代、土俵下に飛び落ちる。
20180920 12 316 貴景勝 突き出し 正代 38

(13) 栃ノ心戦 ○掬い投げ 16.6秒
 正代、先に両手をつく。栃ノ心、両手をサッとついて素早く立ち、右肘を固めて踏み込む。正代、両肘を固めて胸で当たり、少し左へ回って相手に上手を与えず。栃ノ心、左上手が取れず、顎に向かって突っ張る。正代、仰け反りながら堪え、深い右下手で結び目を取る。栃ノ心、左で差し手を抱えてやや仰け反りながら右をねじ込もうとする。正代、右下手を持ち、左で絞って差させず。栃ノ心、左上手に手を伸ばすが取れず、左で頭を叩きながら引き、右をねじ込んで前に出、右下手に手を掛ける。正代、土俵際、すぐに腰を振って相手の下手を切り、左を巻き替えようとする。栃ノ心、右押っ付けから再び右を差し、左で差し手を抱えながら寄る。正代、土俵際、右に回って右で突き落とし気味の掬い投げ。栃ノ心、土俵に落ちて転がる。
20180921 13 318 正代 掬い投げ 栃ノ心 40

(14) 逸ノ城戦 ●叩き込み 5.1秒
 逸ノ城、先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。逸ノ城、踏み込み、左上手に手を伸ばす。正代、左へ踏み出して上手を与えず、右を差す。逸ノ城、どんどん前に出る。正代、右へ回るが俵に詰まる。逸ノ城、叩きながら下がる。正代、前のめりになり、土俵に落ちる。
20180922 14 317 逸ノ城 叩き込み 正代 40

(楽) 魁聖戦 ●寄り切り 5.7秒
 魁聖、先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。魁聖、右肘を固めて踏み込む。正代、両肘を固めて胸で当たる。魁聖、左上手前廻しを取って一気に前に出る。正代、窮屈な両差しで俵に詰まる。魁聖、右上手も取り、両上手を引きつけて前に出る。正代、左差し手を返しながら土俵際を左へ回るが、腰が伸びて俵を割る。
20180923 15 313 魁聖 寄り切り 正代 37

《2018年秋場所取組内容・目次へ》