FC2ブログ

白鵬、42回目優勝インタビュー全文(2019年春場所)

2019年春場所、42回目の優勝を15回目の全勝で果たした 横綱 白鵬の館内インタビューは以下の通り。
インタビュアーは三輪洋雄アナウンサー。

<それでは42回目の優勝を、全勝優勝で飾りました、横綱白鵬関です。おめでとうございます>
どうも、ありがとうございます。(礼)(館内拍手と歓声)
20190324 15 651 優勝インタビュー 01

<少し間の空いた大阪での優勝、いかがですか?>
私あの、大阪で(日本に)初めて来て、入門が大阪で、そして平成最後が大阪というのは本当に、嬉しいです。はい。(館内拍手と歓声)
20190324 15 651 優勝インタビュー 05 大阪初めて

<節目を大切にされる横綱。この場所前も、稽古の様子や言葉からは、平成最後の場所、並々ならぬ意欲を感じました。この十五日間はいかがでしたか?>
いや本当に、場所前、稽古も良かったし、今年の大阪場所、『汗』、汗を大事にしようということで、臨みました。

<平成最後の取組、きょうの結び、もう汗いっぱいの大熱戦でしたね>
ちょっと…力入りました。本当に良かったです、ありがとうございました。(館内拍手と歓声)
20190324 15 651 優勝インタビュー 11 力入りました

<ひとつだけ、横綱心配なのは、右腕の状況なんですが>
そうですね、最後、投げに行ったとき、ちょっと痛めてしまって。……ちょっと痛いです。はい。
20190324 15 651 優勝インタビュー 15 ちょっと痛いです

<ただその中でも、渾身の力でしたね>
あ、どうもありがとうございます。

<このところ、『怪我は難しい』という表現もあった中で、休場明けの場所で、しかし15戦全勝優勝。改めてどうですか>
そうですね。去年10月18日に、右膝手術しまして、その中で東京の人工関節センターの杉本医院長を始め、病院の皆さん、また部屋、親方始め、そして家族。本当にみんなの支えがあって、この優勝があると思います。この場を借りて、感謝します。(館内拍手と歓声)
20190324 15 651 優勝インタビュー 20 感謝

<次の夏場所からは、平成の次の時代になります。平成に数々の大記録を打ち立ててきた横綱白鵬関、次の時代に向けては、何か思いはありますか?>
まあ、次がどうなるか、まだ分かりませんけれど、本当に、日頃から私は、平成13年から入門し、平成に育ててもらいました
数々の、様々な問題ありましたし、その中で、約9年前、名古屋場所後に天皇陛下から手紙いただいたことが、この平成の大きな思い出だと思いいます。(館内拍手と歓声)
20190324 15 651 優勝インタビュー 30 平成に育ててもらった

<本当におめでとうございました>
えー、大阪場所、十五日間、ありがとうございました。(館内拍手と歓声)
このあと、支度部屋で後援者の皆様とバンザイやると思いますが、平成最後なので、みなさんと、三本で締めたいと思います。
よろしいでしょうか?(館内拍手と歓声)
大相撲発展と皆様のご健康を祈念いたしまして、よーっ!(館内皆で三本締め )
20190324 15 651 優勝インタビュー 50 三本締め

ありがとうございました。(礼)(館内拍手と歓声)
<白鵬関でした>
20190324 15 651 優勝インタビュー 55 礼

《2019年春場所取組内容・目次へ》