FC2ブログ

炎鵬 2020年初(一月)場所取組内容

202001-えんほう

前頭6枚目だった先場所は、8勝7敗の成績だった。→先場所の取組内容

12/4の熊本県人吉市巡業で、同じ石川県出身で4歳年上の遠藤と稽古した。→日刊スポーツ記事(記事が表示されない場合は →こちら
巡業最終地の沖縄県うるま市では、2020年の目標について「まずは三役」と話した。→沖縄県うるま市巡業

12/24 番付発表で、自己最高位を更新し、上位との対戦が予想される前頭5枚目に。
12/26 地元の石川県金沢市に本社を置く 北陸製菓から、同社のキャラクター「ビーバー」がデザインされた化粧まわしを贈呈された。その際、初場所に向けて「結構上位とも当たることになると思うので、恐がらず、思い切って毎日いけたらなと思います」と話した。→北陸製菓から化粧まわし
「西武・そごう」の「わたしは、私。」のCMに起用され、大きな話題となった。→炎鵬の逆転劇 スペシャルムービー
1/7 明治神宮奉納土俵入りは、雨天のため、外拝殿内での、横綱白鵬土俵入りの太刀持ちを務めた。→明治神宮奉納土俵入り

迎えた初場所初日、宝富士と対戦。45秒を超える相撲の末、大きな相手を下手投げで転がし、白星発進。
二日目、正代に上手投げでつぶされて初黒星。
三日目、連敗スタートの明生を下手出し投げで倒して2勝目。
四日目、元大関栃ノ心と初対戦。怪力の相手に、豪快に吊り出されて2敗目。取組後、「あんなに高々と持ち上げられたことは、今までありませんでした」と話す。→栃ノ心戦コメント
五日目、過去4戦全敗と苦手の松鳳山と対戦。引き落として初めて勝ち、3勝目。
六日目 阿武咲、七日目 隠岐の海と今場所初めて連敗。3勝4敗と黒星先行に。
八日目、ここまで1敗でトップの5人のひとり、同郷の先輩 遠藤と初対戦。25秒を超える相撲の末、押し出して4勝目。憧れの先輩に勝った炎鵬は「無心で、当たって砕けろと思った。(勝ったのが)信じられない。夢みたい」と話す。→スポーツ報知記事(記事が表示されない場合は →こちら
九日目、初めての大関戦で、角番の豪栄道と当たる。押し出して勝ち、5勝目。取組後、「大関の目の前に立って空気に圧倒されそうになったけど、集中していけた。体が反応した感じですね」と話す。→中日スポーツ記事(記事が表示されない場合は →こちら
十日目、大関貴景勝と初対戦。よく見られ、押し出されて5勝5敗に。
十一日目、二桁勝利を目指す新関脇の朝乃山と初対戦。腕を手繰ってから、押し出して6勝目。
十二日目、関脇に陥落し、負ければ負け越しの高安と初対戦。得意の腕を抜く下手投げで倒して7勝目。勝ち越しまであと一つとする。なお、この下手投げは、プロ入りしてから使うようになった、炎鵬オリジナルの技だそう。→オリジナル下手投げ
十三日目、負ければ負け越しの小結阿炎と初対戦。足を取りに行き、阿炎が飛ぼうとしたところと、炎鵬が持ち上げるタイミングが合い、高々と持ち上げて土俵外に出す。3連勝で自己最高位での勝ち越しを決める。
十四日目、新小結大栄翔に突き出されて6敗目。
千秋楽、勝てば技能賞受賞が決まる一番で、勝てば二桁の同郷同級生の輝と対戦。押し出され、三賞受賞を逃し、8勝7敗で今場所を終える。

勝ち越しは4場所連続
平均取組時間14.6秒は、高安に次いで今場所の幕内で2番目に長い。→幕内取組各種データ順位



(初) 宝富士戦 ○下手投げ 47.2秒
 炎鵬、先に右手をつく。宝富士、右手をつく。炎鵬、左手をトンとついて立ち、右から張り、右肘を固めて当たる。宝富士、胸で当たる。炎鵬、左、右と浅く差し、頭をつける。宝富士、外から抱えた体勢で止まる(約16秒間)。宝富士、前に出ながら左を巻き替えて差し、肩越しの左上手を取る。炎鵬、土俵際、深い左下手を取り、相手の左脇下に頭を入れ、中に戻り、頭を抜き、右前廻しを取って頭をつける。宝富士、肩越しの右上手を持ち、左を差そうとする。炎鵬、両廻しを引きつけて前に出る。宝富士、土俵際堪える。炎鵬、右で内無双を切るような動きを見せ、再び前に出る。宝富士、俵に詰まるが堪え、少し中に戻って相手に覆いかぶさる体勢。炎鵬、両廻しを引きつけて前に出る。宝富士、左足を俵に掛けて堪える。炎鵬、体を開き、土俵内に左下手投げ。宝富士、土俵に転がる。
20200112 01 613 炎鵬 下手投げ 宝富士

(2) 正代戦 ●上手投げ 9.5秒
 両者、ほぼ同時に手をついて見合う。炎鵬、素早く立って頭から踏み込む。正代、見ながらその場で立ち、当たりを胸で受けながら左を差す。炎鵬、左筈で押し上げ、右で押っ付けながら右へ回る。正代、左差し手を返しながら前に出、右で肩越しの上手を取る。炎鵬、左下手を取り、相手の左脇下から頭を出す形になる。正代、右上手で振り、上から圧力をかける。炎鵬、つぶされて土俵に尻餅。
20200113 02 614 正代 上手投げ 炎鵬 38-3

(3) 明生戦 ○下手出投 16.7秒
 炎鵬、先に右手をつく。明生、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。明生、両肘を固めて踏み込む。炎鵬、頭から当たり、外から挟みつける。明生、体を離す。炎鵬、左で相手の腕を押し上げてから左を差し込み、深い下手を取り、右で押っ付ける。明生、右で極め気味に抱え、左を差そうとする。炎鵬、体を開いて左下手投げを打つ。明生、右で抱えたまま、左で相手の頭を押さえつける。炎鵬、下手が切れるが落ちずに堪え、土俵際から突き放しながら少し中に戻る。明生、左でかち上げ、左を差そうとする。炎鵬、右上手を取り、左を差して差し手を返し、右上手で絞る。明生、左差し手を抜く。炎鵬、下手になった右廻しを持ち、頭をつけて少し止まり、機を見て右へ体を開き、手前に引きずるような右下手出し投げ。明生、土俵に落ちる。
20200114 03 613 炎鵬 下手出し投げ 明生 40-2

(4) 栃ノ心戦 ●吊り出し 16.4秒
 両者、ほぼ同時に手をついて立つ。炎鵬、左を深く差す。栃ノ心、左肘を固めて当たる。炎鵬、深い左下手を取る。栃ノ心、右で差し手を抱え、深い左上手を取る。炎鵬、右筈で押すが体を離せず。栃ノ心、右上手も取って両上手。炎鵬、左足で内掛けに行く。栃ノ心、堪える。炎鵬、右肘を張って上手を切ろうとするがならず、右差し手を抜いて押っ付ける。栃ノ心、左上手右下手で相手を高々と吊り上げ、俵の外に運び出す。
20200115 04 613 栃ノ心 吊り出し 炎鵬 36

(5) 松鳳山戦 ○引き落し 8.9秒
 炎鵬、先に右手をつく。松鳳山、両手をサッとついて素早く立ち、右から張る。炎鵬、立てず。2度目、炎鵬、先に右手をつく。松鳳山、手をサッとついて素早く立ち、右から張る。炎鵬、左へ変わり、左で後ろ廻しを狙う。松鳳山、向き直る。炎鵬、下がり、両者、体が離れて見合う。松鳳山、右から張って差そうとする。炎鵬、下から突き放し、左を差す機をうかがう。松鳳山、左を差そうとするがならず、叩いて右へ回る。炎鵬、向き直る。松鳳山、体が離れて前のめりになり、土俵に落ちる。
20200116 05 612 炎鵬 引き落とし 松鳳山 40

(6) 阿武咲戦 ●寄り倒し 7.1秒
 阿武咲、先に両手をつく。炎鵬、右手をつき、左手をサッとつく。阿武咲、右肘を固める。炎鵬、両手を出し、両差しを狙うが左を差せず、右下手を取り、左で押っ付ける。阿武咲、右をねじ込み、右下手、左上手を取って一気に前に出る。炎鵬、土俵際、右下手投げに行くが、土俵下に倒れ込む。
20200117 06 613 阿武咲 寄り倒し 炎鵬 42

(7) 隠岐の海戦 ●寄り倒し 6.8秒
 隠岐の海、先に右手をつく。炎鵬、右手をつき、左手をサッとつく。隠岐の海、その直前、素早く立ち、右手を出して左から張り、押しながら前に出る。炎鵬、土俵際を左へ回り、左をのぞかせる。隠岐の海、左をのぞかせて前に出、肩越しの右上手を取る。炎鵬、頭をつけて右で押っ付けるが、俵に詰まる。隠岐の海、左差し手で相手を起こしながら寄り、体を預ける。炎鵬、仰け反って後ろに倒れる。
20200118 07 614 隠岐の海 寄り倒し 炎鵬 38

(中) 遠藤戦 ○押し出し 25.4秒
 炎鵬、右手をつく。遠藤、両手をサッとつく。炎鵬、素早く立ち、右へ踏み出す。遠藤、右上手に手を伸ばすが届かず。炎鵬、左差し手を大きく返し、右から絞り、相手の左腕を手繰って右へ回り、突き上げ、下がる。遠藤、何度も右上手を狙う。炎鵬、突き放して廻しを与えず。遠藤、左肘を固めて当たる。炎鵬、右から絞り、左差し手を大きく返し、肩透かしを引いて土俵際左へ開く。遠藤、俵に詰まる。炎鵬、相手の後ろに回り込む。遠藤、向き直り、左を差す。炎鵬、低い体勢で下がり、体を離す。遠藤、左から張って差そうとする。炎鵬、引いて差させず、相手の左腕を手繰り、相手を土俵際にする。遠藤、俵に足を掛けながら右を差す。炎鵬、左で押っ付け、右筈で押し上げる。遠藤、上体が起きて俵を割る。
〔炎鵬、肩透かしで遠藤を土俵際に〕
20200119 08 614 炎鵬 押し出し 遠藤 25 炎鵬、肩透かしで遠藤を土俵際に
〔炎鵬の押し出し〕
20200119 08 614 炎鵬 押し出し 遠藤 40

(9) 豪栄道戦 ○押し出し 2.7秒
 豪栄道、右手をつく。炎鵬、右手をつき、左手をサッとついて ぴょんとやや左へ飛んで突っ掛ける。2度目、豪栄道、右手をつき、左手をサッと動かして素早く立ち、両肘を固めて踏み込む。炎鵬、両手を出しながら立ち、右に変わって相手の左腕を手繰り、相手の後ろに回り込む。豪栄道、俵の上。炎鵬、そこを押す。豪栄道、俵の上で向き直るが、外に出る。
20200120 09 618 炎鵬 押し出し 豪栄道 35-2
〔殊勲インタビューを受ける炎鵬〕
20200120 09 618 炎鵬 押し出し 豪栄道 75 炎鵬殊勲インタビュー

(10) 貴景勝戦 ●押し出し 7.8秒
 炎鵬、先に右手をつく。貴景勝、左手をつき、右手をサッとついて早く立つ。炎鵬、立ち遅れて、不成立。2度目、炎鵬、先に右手をつく。貴景勝、両手をサッとついて見ながら両手を出す。炎鵬、相手の手を叩いて右に動く。貴景勝、向き直って前に出る。炎鵬、土俵際、潜ろうと頭を下げる。貴景勝、押し上げて起こし、叩きながら引く。炎鵬、乗じて前に出、左廻しに手を掛ける。貴景勝、突き放して廻しを切る。炎鵬、俵に詰まり、俵伝いに左へ回りながら左で突く。貴景勝、そこを押す。炎鵬、重心が後ろになり、土俵下に飛び落ちる。
20200121 10 618 貴景勝 押し出し 炎鵬 35

(11) 朝乃山戦 ○押し出し 3.4秒
 朝乃山、先に両手をつく。炎鵬、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。朝乃山、右肘を固める。炎鵬、右手を出しながら潜り、相手の右足を取ろうとする。朝乃山、向き直って足を取らせず。炎鵬、そのまま左へ回りながら相手の右腕を手繰り、俵伝いに左へ回り、相手を土俵際にして押す。朝乃山、右前廻しを取るが切れ、俵の外に出る。
〔腕を手繰る炎鵬〕
20200122 11 617 炎鵬 押し出し 朝乃山 30 腕を手繰る炎鵬
〔炎鵬の押し出し〕
20200122 11 617 炎鵬 押し出し 朝乃山 41

(12) 高安戦 ○下手投げ 48.3秒
 炎鵬、先に右手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつく。両者、踏み込まずに立ち、互いに見合う。行司 木村玉治郎が止める。2度目、炎鵬、先に右手をつく。高安、腰を下ろし、両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。高安、右手で相手の肩を押さえる。炎鵬、突き放す。高安、右から張る。炎鵬、頭をつけ、左を差して右で押っ付ける。高安、右で差し手を極め気味に抱えようとする。炎鵬、すぐに右へ回り、左差し手を大きく返し、右から絞る。高安、右で引っ張り込みながら左を差そうとする。炎鵬、右へ回って相手の差し手を外す。高安、押し上げ、叩きながら下がる。炎鵬、落ちずに前に出、頭をつける。高安、肩越しの右上手を取る。炎鵬、左下手を取る。高安、左差し手で相手を起こそうとする。炎鵬、頭の位置が相手に左肩下になる。両者、止まる(約10秒間)。炎鵬、頭を沈める。高安、相手に覆いかぶさる体勢になる。両者、止まる(約7秒間)。炎鵬、右前廻しを取り、左下手を深く持ち替え、体を開いて低い左下手投げに行き、その左腕を抜いて体を離す。高安、寄りかかっていた相手がいなくなって土俵にバッタリ落ちる。
〔最初の立合い〕
20200123 12 617 炎鵬 下手投げ 高安 01 最初の立合い
〔炎鵬の腕を抜く下手投げ〕
20200123 12 617 炎鵬 下手投げ 高安 35
20200123 12 617 炎鵬 下手投げ 高安 37 腕を抜く炎鵬
20200123 12 617 炎鵬 下手投げ 高安 41 倒れる高安

(13) 阿炎戦 ○足取り 3.5秒
 阿炎、先に手をつく。炎鵬、右手をつこうとして止め、右、左とサッと手をついて立ち、真っ直ぐ踏み込む。阿炎、見ながら立ち、左で相手の肩を押さえながら右で差すようにして相手を中に入れず、相手の肩に向かって突き放す。炎鵬、相手の手を払いながら左へ引き、潜って相手の右足を両手で抱え、高々と持ち上げて俵の外に出す。
〔足を取る炎鵬〕
20200124 13 616 炎鵬 足取り 阿炎 35 足を取る炎鵬
〔阿炎を持ち上げて土俵外に出す炎鵬〕
20200124 13 616 炎鵬 足取り 阿炎 37-03
20200124 13 616 炎鵬 足取り 阿炎 42
〔自己最高位での勝ち越しインタビューを受ける炎鵬〕
20200124 13 616 炎鵬 足取り 阿炎 75 炎鵬最高位勝ち越しインタビュー

(14) 大栄翔戦 ●突き出し 10.9秒
 大栄翔、先に両手をつく。炎鵬、右手をついて時を置き、左手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立つ。大栄翔、見ながら両手を出す。炎鵬、ぴょんと立って頭を下げ、潜ろうとする。大栄翔、肩を押し上げて中に入れず、顎に向かって突き放す。炎鵬、あてがいながら左へ回り、頭を下げて中に入ろうとする。大栄翔、肩を押し上げて入れず。炎鵬、相手の腕をいなしながら土俵際を素早く左へ回る。大栄翔、ついて行き、相手の頭を叩く。炎鵬、今度は右で突きながら土俵際を素早く右へ回る。大栄翔、突き放しながらついて行く。炎鵬、相手の左腕を手繰ろうとする。大栄翔、前に出ながら押す。炎鵬、土俵下に吹っ飛ぶ。
20200125 14 616 大栄翔 突き出し 炎鵬 40

(楽) 輝戦 ●押し出し 4.3秒
 輝、先に両手をつく。炎鵬、右手をつき、左手をつこうと動かす。輝、素早く立つが、止まりかける。炎鵬、遅れてふわっと立つ。立合い、成立。輝、相手の肩を押しながら前に出る。炎鵬、前廻しを探るが取れず。輝、右をのぞかせる。炎鵬、土俵際、頭を上げて相手の腕を手繰ろうとする。輝、そこを押す。炎鵬、土俵下に落ちる。
20200126 15 608 輝 押し出し 炎鵬 38

《2020年初場所取組内容・目次へ》