千秋楽・幕内。(名古屋場所)

名古屋場所千秋楽・幕内の全取り組み内容を書き起こしました。
カッコ内は取り組み時間です。

● 若荒雄 4勝11敗 送り出し 千代白鵬 7勝8敗 ○ (6.1秒)
 若荒雄、両手突きから突っ張る。千代白鵬、下からあてがうが徐々に押し込まれて下がり、土俵際左から突いていなす。若荒雄、少し泳ぎ、向き直る。千代白鵬、横について押し、俵伝いに回り込む若荒雄を一気に押し出す。

○ 玉飛鳥 11勝4敗 上手投げ 土佐豊 8勝7敗 ● (8.3秒)
 両者、頭で当たり合う。玉飛鳥、右を差して一気に前に出る。土佐豊、右を差して土俵際を右に右に回り込む。玉飛鳥、左上手をガッチリ取って寄る。土佐豊、逆転の右下手投げに行く。玉飛鳥、左上手を持って投げの打ち合い。両者、一歩足で大きく傾くが、土佐豊が先に落ちる。

● 普天王 6勝9敗 内掛け 将司 9勝6敗 ○ (10.2秒)
 将司、ふわっと突っ掛ける。2度目、普天王、踏み込み、右から押っ付ける。将司、左筈押しで押し上げながら前に出る。普天王、左から掬っていなす。将司、向き直って右を差そうとするが、普天王、突き放して前に出る。将司、土俵際左に回り込む。普天王、右で顔を張って右を差す。将司、右で首を巻き、首投げに行こうとする。普天王、左で後ろ廻しを取って堪える。将司、右で首を巻いたまま、右足を後ろにある普天王の左足に掛け上げる。普天王、足が広がり、体が後ろに傾く。将司、更に右足を掛けながら体を預け、普天王を倒し、直後自分は宙を飛んで土俵に落ちる。

● 北勝力 11勝4敗 押し出し 玉鷲 5勝10敗 ○ (2.4秒)
 北勝力、両手を出してふわっと立つ。玉鷲、右からいなし、突っ張りながら前に出、北勝力を押し出す。

○ 朝赤龍 9勝6敗 寄り切り 栃乃洋 6勝9敗 ● (18.3秒)
 朝赤龍、踏み込み、右から押っ付け、右上手を取って引きつけ、その上手で振って土俵際に置き、頭をつける。栃乃洋、上体が起き、左差しで廻しは取れず。朝赤龍、両廻しを引きつけて前に出る。栃乃洋、左から掬いながら残し、中に戻る。朝赤龍、再び右上手で振って栃乃洋を土俵際に置き、腰を落として寄り切る。

○ 豪風 8勝7敗 突き落とし 時天空 9勝6敗 ● (1.0秒)
 豪風、少し早く立って低く当たり、すぐに左から突く。時天空、バッタリ前に倒れる。

○ 豊真将 10勝5敗 引き落とし 垣添 6勝9敗 ● (8.8秒)
 垣添、踏み込み、豊真将の左腕を手繰り、とったりを打ちながら右に回って体を入れ替え、突き上げる。豊真将、土俵際堪えて、前に出る。垣添、再び豊真将の左腕を抱える。豊真将、突き放す。垣添、土俵際から押しながら前に出る。豊真将、少し体を離し、垣添を叩き落とす。

● 黒海 5勝10敗 突き落とし 翔天狼 11勝4敗 ○ (1.7秒)
 翔天狼、踏み込む。黒海、やや右にずれて当たる。翔天狼、叩いて右に開く。黒海、前にバッタリ落ちる。

○ 豊ノ島 8勝7敗 寄り切り 猛虎浪 6勝9敗 ● (3.2秒)
 猛虎浪、両手で突き放す。豊ノ島、上体が仰け反るが堪え、左を差して下手を取り、右筈押しで前に出る。猛虎浪、土俵際、右小手投げに行こうとする。豊ノ島、左差し手を突きつけ、寄り切る。

○ 霜鳳 9勝6敗 切り返し 玉乃島 9勝6敗 ● (18.8秒)
 玉乃島、踏み込み、左押っ付けで前に出る。霜鳳、俵に足を掛けて残し、俵伝いに右に回る。玉乃島、右を差し、左押っ付けで寄る。霜鳳、左足を俵に掛けて必死で残す。玉乃島、右掬い投げで崩し、再び寄ろうとする。霜鳳、左上手を持って堪え、土俵中に戻る。玉乃島、右下手を持って前に出る。霜鳳、土俵際体を開き、左上手投げ。玉乃島、堪える。霜鳳、左足を玉乃島の右足に絡め、切り返して崩し、右差し手を返して力強く倒す。

● 春日王 8勝7敗 寄り切り 栃ノ心 9勝6敗 ○ (15.7秒)
 春日王、低く踏み込む。栃ノ心、かち上げて突き放し、右を差し、左手を伸ばして上手を探る。春日王、右下手を取り、腰を引いて上手を取らせず。栃ノ心、左で春日王の右腕を引っ張り込み、左手を伸ばして左上手、右下手を取る。春日王、右下手を持ってじわじわ中に戻る。両者、土俵中央で少し止まる。栃ノ心、両廻しを引きつけ、力強く寄り切る。

○ 雅山 8勝7敗 突き落とし 嘉風 6勝9敗 ● (15.4秒)
 両者、頭で当たり合う。雅山、突き放す。嘉風、下からあてがい、体を密着させて両差しになり、左下手を取る。雅山、外から抱える体勢で少し止まる。嘉風、両下手を持って前に出ようとする。雅山、そこを左に回って左から突く。嘉風、左膝から崩れて土俵に転がる。

○ 栃煌山 2勝13敗 寄り切り 武州山 5勝10敗 ● (5.2秒)
 栃煌山、踏み込む。武州山、力強く当たって突き放し、前に出る。栃煌山、土俵際両差しになり、差し手を返しながら前に出る。武州山、左から小手投げに行こうとし、土俵際では右から小手投げに行こうとするが、栃煌山、左差し手を突きつけて寄り切り、武州山を土俵下に落とす。

● 高見盛 6勝9敗 寄り切り 豪栄道 5勝10敗 ○ (3.8秒)
 豪栄道、踏み込み、両上手を取って引きつけて前に出る。高見盛、上体が伸び上がる。豪栄道、力強く寄り切る。

○ 阿覧 4勝11敗 引き落とし 豊響 3勝12敗 ● (2.7秒)
 阿覧、左から張る。豊響、左押っ付けで前に出る。阿覧、左で廻しを取り、右で頭を叩きながら下がり、土俵際、左に回り込んで体を離す。豊響、前にバッタリ倒れる。

○ 把瑠都 11勝4敗 つり出し 琴奨菊 8勝7敗 ● (14.0秒)
 琴奨菊、踏み込む。把瑠都、右上手をすぐに取り、左下手も取る。琴奨菊、左下手を取るが上手は取れず、腰を振って把瑠都の上手を切ろうとするがならず。両者、左四つで止まる。琴奨菊、前に出ようとする。把瑠都、そこを両廻しで琴奨菊を吊り上げる。琴奨菊、足をバタつかせるが、把瑠都、そのまま琴奨菊を土俵外まで運んで下ろす。

○ 旭天鵬 6勝9敗 寄り切り 岩木山 5勝10敗 ● (14.2秒)
 岩木山、仕切り線後方から踏み込む。旭天鵬、右手を出しながら当たり、左を差し、右上手を取る。岩木山、左下手を取って前に出る。両者、左四つで少し止まる。岩木山、右押っ付けで右上手を探るが取れず。旭天鵬、左差し手で起こしながら前に出る。岩木山、右上手を取り、両廻しで堪えようとするが、旭天鵬、岩木山を浮かせながら寄り切る。

● 安美錦 11勝4敗 上手投げ 稀勢の里 9勝6敗 ○ (11.9秒)
 安美錦、頭から低く当たる。稀勢の里、左かち上げで安美錦を起こし、突っ張りながら前に出る。安美錦、下からあてがい、土俵際で右喉輪で稀勢の里を仰け反らせ、左を差して右上手を取り、上手投げに行こうとするが体が開けず投げられず。稀勢の里、右上手を探りながら寄る。安美錦、土俵際を右に回る。稀勢の里、右上手を取る。安美錦、左下手投げを打つ。稀勢の里、右上手投げで返し、安美錦、先に土俵に手をつく。

○ 千代大海 8勝7敗 はたき込み 鶴竜 5勝10敗 ● (3.7秒)
 千代大海、踏み込む。鶴竜、低く当たる。千代大海、突っ張る。両者、体が離れる。千代大海、そこを右に開いて叩き込む。

● 魁皇 8勝7敗 送り出し 琴光喜 12勝3敗 ○ (8.2秒)
 琴光喜、踏み込み、左喉輪で突き放す。魁皇、突き返して琴光喜を仰け反らせる。琴光喜、頭を下げ、左を差して右から押っ付け、巻き替えて左押っ付け、右差しに変える。魁皇、左手で琴光喜の差し手を外す。そこを琴光喜、左からいなして魁皇の後ろにつき、送り出す。

● 日馬富士 9勝6敗 寄り切り 琴欧洲 13勝2敗 ○ (4.0秒)
 日馬富士、低く踏み込む。琴欧洲、低く当たって左前廻しに手を掛ける。日馬富士、右喉輪で突き放そうとするが、琴欧洲、左上手を離さず、日馬富士の右について捕まえ、右差しで腰を落として寄り切る。

○ 白鵬 14勝1敗 下手投げ 朝青龍 10勝5敗 ● (44.7秒)
 白鵬、踏み込んで右上手を取る。朝青龍、左を差し、右も差し込んで両下手を取る。白鵬、腰を振って朝青龍の右下手を切り、左を差す。朝青龍、右を巻き替えて差す、白鵬、すぐに右を巻き替えて差し、両者右四つ、両廻しを取る。両者、しばらく止まる。朝青龍、右手で白鵬の左上手を切りながら左に回り、白鵬を右半身の体勢にする。白鵬、左で朝青龍の右手を引っ張り込んで上手を探る。朝青龍、右下手を狙う。白鵬、そこを右下手投げで崩す。両者、右四つ、白鵬は右下手、朝青龍は左上手。白鵬、左を巻き替えて差し込む。朝青龍、右前廻しを取るが、離して素早く右下手を取る。白鵬、右下手のみを持つ体勢。両者、止まる。朝青龍、両廻しを引きつけて前に出る。白鵬、そこを右下手投げ、朝青龍を裏返し、自分も土俵下に転落。

《2009年名古屋場所取組内容・目次へ》