fc2ブログ

秋場所千秋楽・幕内。(2022年9月)

秋場所千秋楽・幕内の取り組み。
単独先頭の玉鷲と1差で追う高安が直接対戦。玉鷲が高安を力強く押し出し、2019年1月以来、21場所ぶり2回目の優勝を決める。また、旭天鵬(37歳8ヶ月)を抜き、年6場所となった1958年以降、最年長優勝(37歳10ヶ月)に。また前回優勝時以来、2回目の殊勲賞を受賞。敗れた高安は、3月に続き、千秋楽まで優勝を争いながら賜杯を抱けず。しかし6回目の敢闘賞を受賞。
結び、貴景勝と正代の大関同士の対戦は、貴景勝が一方的に押し出し、二桁勝利を上げる。来場所5回目の角番となる正代は、4勝11敗で今場所を終える。
来場所関脇に陥落する大関御嶽海は、若元春に力なく寄り切られて4勝11敗。若元春は幕内で初めて二桁勝利を上げる。
関脇若隆景は、佐田の海を寄り切って11勝目。大関昇進への起点を作る。
新関脇豊昇龍は、遠藤と7勝7敗同士で対戦。立合い動きながら廻しを取って先手を取り、押し倒して勝ち越しを決める。
すでに負け越している関脇大栄翔は、二桁勝利を上げている北勝富士と対戦。叩き込んで7勝8敗と1点の負け越しに留まる。勝てば敢闘賞だった北勝富士は、受賞ならず。
翔猿は、隆の勝を押し出し、二桁勝利。「勝てば」の条件を達成して初めての殊勲賞を受賞。
返り入幕の竜電は、小兵の照強を押し出して11勝目を上げる。
新入幕の平戸海は、碧山に叩き込まれて、7勝してから2連敗で負け越しとなる。

幕内全取り組み内容は以下の通り。
カッコ内は取り組み時間です。
立合い不成立がない場合は、記載なし。不成立があった場合は、「待った1回」などと回数ともに表記。
物言いがない場合は、記載なし。物言いがついた場合は、「軍配通り」、「差し違え」、「取り直し」、「反則」と表記。

○ 剣翔 5勝10敗 掬い投げ ● 豊山 4勝11敗 (9.3秒)
 豊山、先に両手をつく。剣翔、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。豊山、右手を出し、左肘を固める。剣翔、右肘を固めて当たり、右で引っ張り込む。両者、左四つになる。豊山、左差しで前に出る。剣翔、土俵際、左差し手を返しながら体を入れ替える。豊山、左足一本で傾き、俵の外に出る。
20220925 15 601 剣翔 掬い投げ 豊山 35

○ 一山本 6勝9敗 肩透かし ● 水戸龍 5勝10敗 (7.6秒) 「待った1回」
 一山本、先に手をつく。水戸龍、手をつこうとする。一山本、両手突きで突っ掛ける。2度目、一山本、先に手をつく。水戸龍、手をサッとつく。一山本、両手突きから顎に向かって突っ張る。水戸龍、あてがって下がらず、右を差そうとする。一山本、右喉輪で押し上げながら前に出、左をのぞかせ、肩透かしを引いて左へ開く。水戸龍、土俵に落ちる。
20220925 15 602 一山本 肩透かし 水戸龍 37

● 照強 6勝9敗 押し出し ○ 竜電 11勝4敗 (8.4秒)
 照強、先に右手をつく。竜電、手をサッとつく。照強、その直前、素早く立ち、頭から踏み込む。竜電、やや右にずれ、肩越し気味に右上手を取り、出し投げ気味に相手の後ろについて抱える。照強、向き直ろうとする。竜電、左で後ろ廻しを取り、出し投げで振って再び相手の後ろにつこうとする。照強、土俵際で向き直り、相手の左腕を手繰りながら俵伝いに右へ回る。竜電、腕を抜いて押す。照強、外に出る。
〔相手の後ろにつく竜電〕
20220925 15 603 竜電 押し出し 照強 15 相手の後ろにつく竜電
〔外に出た照強〕
20220925 15 603 竜電 押し出し 照強 40 外に出た照強

● 千代翔馬 9勝6敗 寄り切り ○ 琴恵光 6勝9敗 (2.0秒)
 琴恵光、左手をつく。千代翔馬、すぐに両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立ち、右で張る。琴恵光、左を差す。千代翔馬、右上手に手を伸ばす。琴恵光、右筈で脇を押しながら一気に前に出る。千代翔馬、土俵際で左首投げにいこうとするが、右足が俵の外に出る。その後、琴恵光、体が裏返り、両者、土俵下に落ちる。
〔足が出た千代翔馬〕
20220925 15 604 琴恵光 寄り切り 千代翔馬 40 足が出た千代翔馬

○ 碧山 6勝9敗 叩き込み ● 平戸海 7勝8敗 (2.7秒)
 平戸海、先に両手をつく。碧山、右手をつき、左手をサッとついて立つ。平戸海、頭を下げる。碧山、叩きながら右へ動く。平戸海、向き直る。碧山、更に叩きながら土俵際を右へ回る。平戸海、土俵に落ちて転がる。
20220925 15 605 碧山 叩き込み 平戸海 41

○ 宝富士 5勝10敗 送り出し ● 隠岐の海 6勝9敗 (6.8秒)
 宝富士、先に両手をつく。隠岐の海、仕切り線後方で両手をサッとつき、左腕を内に入れる。宝富士、左肘を固めて当たり、すぐに右上手前廻しを取る。隠岐の海、両差しになる。宝富士、左を巻き替える。隠岐の海、右で押っ付けながら前に出ようとする。宝富士、右に体を開いて上手出し投げ。隠岐の海、前に泳いで俵に詰まる。宝富士、そこを後ろから押す。隠岐の海、俵の外に出る。
20220925 15 606 宝富士 送り出し 隠岐の海 37

○ 錦木 6勝9敗 押し出し ● 千代大龍 6勝9敗 (3.6秒)
 錦木、先に両手をつく。千代大龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。錦木、やや右にずれ、右肘を固める。千代大龍、左肘を固めて当たりで弾き、少し引く。錦木、頭をつける。千代大龍、引く。錦木、乗じて押し出す。
20220925 15 607 錦木 押し出し 千代大龍 41

● 王鵬 7勝8敗 押し出し ○ 宇良 8勝7敗 (2.7秒) 「待った1回」
 王鵬、先に手をつく。宇良、仕切り線後方で右手をつき、左手をつこうと動く。王鵬、突っ掛ける。2度目、王鵬、両手をつく。宇良、すぐに仕切り線後方で右手をつき、左手をトンとつく。王鵬、素早く立ち、右手を出して頭を下げる。宇良、頭から低く当たる。王鵬、押し上げてから引く。宇良、前に飛び、王鵬、俵の外に出る。両者のタイミングが微妙だったが、軍配は宇良で物言いはなし。
20220925 15 608 宇良 押し出し 王鵬 40-2

● 琴勝峰 7勝8敗 引っ掛け ○ 明生 8勝7敗 (4.1秒)
 琴勝峰、先に両手をつく。明生、仕切り線かなり後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。明生、左肘を固めて踏み込む。琴勝峰、両手突きから突っ張る。明生、下からあてがい、相手の右腕を手繰って体を開く。琴勝峰、土俵に落ちる。
20220925 15 609 明生 引っ掛け 琴勝峰 37

● 琴ノ若 8勝7敗 送り出し ○ 錦富士 10勝5敗 (4.3秒)
 錦富士、先に手をつく。琴ノ若、腰を下ろし、両手をサッとついて素早く立ち、両差しを狙う。錦富士、左肘を固めて当たる。琴ノ若、左を差すが右を差せず、右で押っ付ける。錦富士、相手の左腕を両手で抱えて一気に引き、土俵際で右に開き、右で後ろ廻しを取って相手の後ろにつき、外に出す。
20220925 15 610 錦富士 送り出し 琴ノ若 40

● 阿武咲 5勝10敗 押し出し ○ 翠富士 7勝8敗 (3.0秒) 「待った1回」
 翠富士、先に手をつく。阿武咲、腰を下ろし、手をつこうとする。翠富士、突っ掛ける。2度目、翠富士、先に手をつく。阿武咲、腰を下ろし、両手をサッとつく。翠富士、頭を下げる。阿武咲、両差しになろうとする。翠富士、外から押っ付ける。阿武咲、突き放し、叩きながら引く。翠富士、乗じて一気に前に出る。阿武咲、土俵下に落ちる。
20220925 15 611 翠富士 押し出し 阿武咲 40

○ 翔猿 10勝5敗 押し出し ● 隆の勝 8勝7敗 (26.8秒)
 翔猿、先に両手をつく。隆の勝、仕切り線後方で両手をサッとつく。翔猿、素早く立ち、右手を出してやや左にずれ、頭を下げる。隆の勝、頭から当たる。両者、突き放し合う。隆の勝、右で突いて右へ開く。翔猿、前のめりになるが向き直り、左をのぞかせる。隆の勝、右半身で右押っ付け。翔猿、右足を飛ばして相手の右足を蹴る。隆の勝、右足を引いてかわす。翔猿、叩きながら左へ回っていなす。隆の勝、前に泳ぎ、土俵際向き直る。翔猿、そこを突き放す。隆の勝、土俵際を右へ回って立て直す。翔猿、右喉輪で押し上げ、再び右足を飛ばす。隆の勝、右足を上げてかわし、少し叩きながら左へ回る。隆の勝の左足が土俵際の位置で、両者、頭をつけて押し合い。翔猿、右喉輪で相手を起こし、胸を押す。隆の勝、俵の外に出る。
〔足を飛ばす翔猿〕
20220925 15 612 翔猿 押し出し 隆の勝 20 足を飛ばす翔猿
〔押す翔猿〕
20220925 15 612 翔猿 押し出し 隆の勝 35
〔殊勲賞受賞インタビューを受ける翔猿〕
20220925 15 612 翔猿 押し出し 隆の勝 75 殊勲賞受賞インタビューを受ける翔猿

○ 玉鷲 13勝2敗 押し出し ● 高安 11勝4敗 (5.9秒)
 玉鷲、先に左手をつく。高安、仕切り線後方で両手をサッとつき、左肘を固める。玉鷲、頭から当たり、右筈で脇を押し上げる。高安、左喉輪で押し上げる。玉鷲、右に開いていなし、突き放しながら力強く前に出る。高安、俵に詰まる。玉鷲、左喉輪で押し上げる。高安、仰け反り、俵の外に出る。
20220925 15 613 玉鷲 押し出し 高安 35
〔優勝を決めた玉鷲〕
20220925 15 613 玉鷲 押し出し 高安 60 玉鷲優勝決定(文字入り)
〔敢闘賞受賞インタビューを受ける高安〕
20220925 15 613 玉鷲 押し出し 高安 75 敢闘賞受賞インタビューを受ける高安

● 妙義龍 8勝7敗 寄り切り ○ 霧馬山 9勝6敗 (12.5秒) 「待った1回」
 霧馬山、先に両手をつく。妙義龍、手をつこうとする。霧馬山、突っ掛ける。2度目、霧馬山、先に両手をつく。妙義龍、両手をサッとつき、右手を出して頭を下げる。霧馬山、左から張って差そうとする。妙義龍、右で突いていなし、右に開く。霧馬山、向き直る。両者、突き放し合う。霧馬山、下から掬うように両差しになり、深い両下手を取って引きつける。妙義龍、左で押っ付けながら堪える。霧馬山、左下手投げで振り、一気に前に出る。妙義龍、俵を割る。
20220925 15 614 霧馬山 寄り切り 妙義龍 35

○ 栃ノ心 7勝8敗 寄り切り ● 逸ノ城 6勝9敗 (29.4秒)
 逸ノ城、両手をつく。栃ノ心、すぐに両手をサッとつく。両者、ほぼ同時に立って胸で当たり合い、すぐに左上手前廻しを取る。栃ノ心、すぐに右差し手を返して相手の上手を切る。逸ノ城、深い右下手を取る。逸ノ城が右下手を持ち、栃ノ心が左上手を持ち、逸ノ城が時折左上手を探るが取れない状況が続く(約20秒間)。逸ノ城が左上手を、栃ノ心が右下手を取り、両者、右四つがっぷりに。栃ノ心、両廻しを引きつけて前に出る。逸ノ城、俵に詰まる。栃ノ心、腰を下ろして相手の上手を切り、寄り切る。
20220925 15 615 栃ノ心 寄り切り 逸ノ城 40

○ 大栄翔 7勝8敗 叩き込み ● 北勝富士 10勝5敗 (8.5秒)
 大栄翔、先に両手をつく。北勝富士、両手をサッとつく。大栄翔、素早く立ち、両手を出して頭を下げる。北勝富士、右肘を固めて頭から当たり、やや左へ踏み出す。大栄翔、右喉輪で押し上げながら前に出、叩きながら少し引く。北勝富士、乗じて中に戻る。大栄翔、突っ張る。北勝富士、低い体勢であてがい続ける。大栄翔、叩きながら左へ回り、土俵際体を開く。北勝富士、前のめりになって俵の外に倒れ、土俵下に転落。大栄翔、土俵に残る。
20220925 15 616 大栄翔 叩き込み 北勝富士 35

● 遠藤 7勝8敗 押し倒し ○ 豊昇龍 8勝7敗 (4.4秒)
 遠藤、先に右手をつく。豊昇龍、仕切り線後方で両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。遠藤、頭から低く当たろうとする。豊昇龍、左手で肩を押さえ、右へ動いて右で後ろ廻しを取る。遠藤、左差しで向き直る。豊昇龍、体を開き、右上手出し投げ。遠藤、前に泳ぎ、土俵際、向き直ろうとする。豊昇龍、そこを押す。遠藤、俵の外に倒れ、土俵下に転がり落ちる。
〔出し投げに泳ぐ遠藤〕
20220925 15 617 豊昇龍 押し倒し 遠藤 30 出し投げに泳ぐ遠藤
〔豊昇龍の押し倒し〕
20220925 15 617 豊昇龍 押し倒し 遠藤 40

○ 若隆景 11勝4敗 寄り切り ● 佐田の海 9勝6敗 (4.1秒)
 佐田の海、先に手をつく。若隆景、右手をつき、左手をサッとつき、頭を下げる。佐田の海、両腕を内に入れて頭から当たる。若隆景、左押っ付けで相手に差し手を抜かせ、逆に両差しになって両下手を取る。佐田の海、右で首を巻く形になるも、前に出る。若隆景、土俵際、右から掬いながら堪える。佐田の海、振られて左足が俵の外に出る。若隆景、気づかず前に出る。佐田の海、土俵下に落ちる。
〔足が俵の外に出た佐田の海〕
20220925 15 618 若隆景 寄り切り 佐田の海 40 足が俵の外に出た佐田の海

○ 若元春 10勝5敗 寄り切り ● 御嶽海 4勝11敗 (3.6秒)
 御嶽海、手をつく。若元春、両手をサッとつき、両者、ほぼ同時に立つ。御嶽海、右手を出して頭を下げる。若元春、低く当たり、左押っ付けから廻しを取る。御嶽海、右で押し上げようとするがならず、右で押っ付ける。若元春、右押っ付けから右上手も取り、両廻しを持って前に出る。御嶽海、力なく俵を割る。
20220925 15 619 若元春 寄り切り 御嶽海 40

○ 貴景勝 10勝5敗 押し出し ● 正代 4勝11敗 (2.5秒)
 貴景勝、先に両手をつく。正代、仕切り線後方で両手をサッとつく。貴景勝、素早く立って踏み込み、両手を出して頭を下げる。正代、その場で立って胸で当たる。貴景勝、突き放す。正代、差せずに俵に詰まる。貴景勝、相手の胸へ突き放す。正代、上体が起きて俵の外に出る。
20220925 15 620 貴景勝 押し出し 正代 38

★来場者アンケートによる「敢闘精神あふれる力士」
1位:貴景勝、2位:玉鷲、3位:宇良

《2022年秋場所取組内容・目次へ》